はやろぐ

はやろぐ

自分を進化させるブログ

3日働いてコールセンター辞めたいと思った理由・・・

記事を開いていただきありがとうございます!

 

どうも、コールセンターで3日前から働き出したハヤトです。

f:id:hayatoch:20170411235817j:plain

 

今回は、僕がコールセンターで勤務しだして、辞めたいと思った理由を書いていきます。

 

ライナップ

・コールセンターで働こうと思った理由

・コールセンターてどんな環境?

・コールセンター辞めたい理由

・今回学んだこと

 

 

・コールセンターで働こうと思った理由

f:id:hayatoch:20170411235341p:plain

 

何で、3日で辞めたくなるコールセンタで働こうと思ったのか?

それは、時給が高いからです。

僕が住んでいる福岡県北九州では、最低賃金が765円です。

東京都は、2016年10月1日から930円だそうです東京羨ましい!!

そんな中僕の働いてるコールセンターは1200円です。

ね?高いでしょ?

という理由で働き始めました。

まぁこのときにもう大きな間違いをしてるんですけどね・・・・

 

 

・コールセンターてどんな環境?

f:id:hayatoch:20170412000614p:plain

結論から言うと最悪です。

何が最悪か言うとSVという役職の方です・・・

 

まぁ僕が行ってるコールセンターのSVだけかもしれませんが・・

 

そして、何が最悪かというとSVの性格・・やたらと嫌味ばかり言うし、急に叩いてくるし、で何かと暴力的です。

 

また、若い女性だけには、優しく 僕みたいな男と30〜40代の女性へのあたりがやたらと強い・・・

SV(男性)はハーレム形成が忙しくハーレムに必要ない要因は徹底的叩くみたいですね・・・

 

噛んだだけで研修1日目の僕に「これで、金もらてるんだろ?(威圧)」とか普通言いますかね?

まだ、他の女性は、発信せず研修のプレ練習してるのに何故か私はいきなり本番という・・・

Fラン大の僕が言うのも何ですが、頭悪いんですかね?

 

また、コールセンターの離職する人数は月50〜100人もいるそうです。

 

SV辞めてくれよて内心思いますが、ああいう職場は意地悪い人が勝ち残るのも事実なので・・・

 

でも、20代女性には天職だと僕は思います。

 

余談ですが、SVが、追い込んだおばちゃんは辞めたらしく誇らしげにその事についてSVは話していました。

 

 

 

・コールセンター辞めたい理由

f:id:hayatoch:20170412010615p:plain

コールセンターてどんな環境?にも書いたことも理由なんですが、もう1つあります。

 

それは、お客が対面じゃない!!

 

僕は、プロフィールにも書いてますが、ドラックストアで売上成績が1位になった経験もあります。(化粧品や歯磨き粉やシャンプーなどを売ってました。)

 

そんな経験がある中喋る仕事なら大丈夫だろう!!とドラックストア感覚でコールセンターに務めることにしました。

 

しかし・・・これが間違いでした・・

まず、お客様が対面じゃない場合何が起こるのか!

対面じゃないことで、相手の表情が見えないので、お客様が、どういう状況なのか分からない。

これによって、もし相手が怒っていた場合に変な言葉をかけてしまうと大変なことになる。

 

怒り爆発だぁぁぁ的なことになりかねない。

 

また、自分の感情が言葉の抑揚でしか、伝わらない。

基本相手と対面で話すときは、棒読みぽくなっても表情があるので伝わりやすです。

 

むしろ抑揚とかつけて対面で話すと馬鹿にしたようにしか聞こえなくなるんですよね・・

 

そんなこんなで、結論から言うとコールセンターは僕向きじゃないと思った。

 

 

・今回学んだこと

 

今回は給料が良いてことで、入ったんですが・・・お金てモチベーションにならないんですね。

モチベーションが、持続するのは始めの方だけで、職場環境悪いと辛くなる。

当たり前のことなんですけどねwwww

 

でも、今回ばかりは、どうしてもお金が、必要だったのでやらざるを得ない感じです。

やりたいことに、どうしてもお金がかかるので、4月末まで続けようと思います。

 

契約も4月末で切れますしね・・・

 

最後に・・・

男性諸君コールセンターは、やめておけ!!!!

 

 

ここまで記事を読んで頂きありがとうございます。

この記事が良ければTwitterFacebookでぜひシェアお願いします。

また、TwitterFacebookのフォローもお待ちしています。

それでは、また次回の記事でお会いしましょう。

さいなら~