読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はやろぐ

自分を進化させるブログ

編入試験を受けようとしたら誤算が生じた・・・

どうも、密かに編入試験を受けてFラン大生辞めてやろうと、思ってたハヤトです。

 

  誤算が生じた・・・

 

f:id:hayatoch:20170420181529j:plain

“引用:ポケットモンスターオメガルビーアルファサファイアより

 

本日のライナップ

・編入試験は誰でも受ける事ができる

学歴ロンダリングのメリット

・生じた大誤算

・感想

 

という内容で、お送りします。

 

・編入試験は誰でも受ける事ができる

f:id:hayatoch:20170420182110p:plain

 

はい!タイトル通り誰でも受けることができます。

 

ですが、誰でも受けれると言っても学校によって色々なんですが、2年次編入・3年次編入に分かれるとおもいます。

 

なので、受けたい学校が何年次編入かをしっかりと見て受ける必要が、あります。

 

あと、必要条件として、高専・短大・大学に行っている必要があります。

 

専門学校は調べていないので、よく分かって無いんですが、できるところもあるらしいです。(各自で調べるのが早いかと・・・)

 

また、休学は病気や手術以外では、しないほうがいいと思います。

 

編入を望む人は1年生から体制を整えておきましょう。

 

 

 

学歴ロンダリングのメリット

f:id:hayatoch:20170420183426j:plain

“引用:花王より

メリットは凄くあります。

まず過去記事にも書いたのですが、Fラン大だと就職が最悪です。

 

hayatoch.hatenablog.com

学歴ロンダリングを行うことにより、

センター入試を受けて元から在学している人には劣りますが、

Fラン大よりも良いところに就職ができます。

 

Fラン大だと就職できるか分からないしね・・・・

 

次に学費が安くなるということです。

(慶応早稲田などの私立大は外します。)

当然ロンダリング先は国公立が多いので、私立よりも学費が安くなります。

 

あとは、周りの目が冷ややかな目から暖かな目に変わるくらいでしょうか・・・・

 

 

 

 

・生じた大誤算

f:id:hayatoch:20170420184457j:plain

“引用:チームグループエープラスより

 

そう僕は、密かに編入試験を受けようとしていた。

Fラン大に行っている自分が恥ずかしくなったのだ・・・

 

てことで、とりあえず受けたい大学のホームページをみました。

 

「ふむふむ、数学、物理、情報の基礎知識が必要なんだな!!」

 

こういったレベルで流し読みしてただけで、数学と物理の勉強を始めました。

 

しかし、4月20日記事を書いてる日に気づきました。

 

受ける学校の必要書類が何が必要か、確認しているときでした。

 

封筒にTOEICの成績書をご一緒に送りくださいと書いてました。

普通の人なら

「ん?何も問題無いじゃん?」

てなるんですが、

僕は英語嫌いもあってかTOEICを一度も受けていません・・・

 

これがないことにより僕の野望は潰えたのだった・・・・

 

 

・感想 

資料はちゃんと読みましょうwww

 

あと、TOEICは受けてたほうが、絶対いいです。

このような事になりかねないので・・・

 

受ける権利が無いとは・・・

過去の自分を殴りたい気分ですね

 

殴れるなら中学に戻って高校受験からやり直したいですがwww

 

このままでは、愚痴だらけになりそうなんで、

今回は、ここまでにしておきます。

 

 

ここまで記事を読んで頂きありがとうございます。

この記事が良ければTwitterFacebookでぜひシェアお願いします。

また、TwitterFacebookのフォローもお待ちしています。

栗神 ハヤトHayato Kurisin (@HayatoCh0) | Twitter

あと、感想 コメントをくださると嬉しいです。

それでは、また次回の記事でお会いしましょう。

さいなら~

 

 

 

 

 

にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へにほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村